社員研修、管理者教育のセミナー・講習や、メンタルサポート、メディカルサポートなど、有限会社ミック研究所にご相談ください。

 

ミック研究所の使命

「ストレスチェック制度」が義務化されました。心の時代が本格始動! 但し、運用には多くの

問題があります。ミック研究所では設立以来人財育成とメンタル問題を使命に掲げています。

メンタルヘルスに係ること、心問題と職場風土改善、人財育成等ご連絡ください

 

ミック研究所は、次の3つの課題に取り組んでいます。
1.企業、病医院、自治体等の「人と組織」に関する課題  「人」は最大最高の資源です!!
2.EAP(従業員支援プログラム) メンタルヘルスは社会問題となっています!
3.社会活動
 人財開発の講座、セミナーの開催。

教育を中心にコンサルティング活動を展開していますが、対象は人と組織です。 人が資源、人の心は最大の資源です。

詳細

 

 

 

詳細

 


ミック研究所の業務について

 

マネジメントサポート

企業、自治体におけるコンサルティング活動です。
ミック研究所では、主な5項目に分け、具体的な業務の展開に取り組んでいます。平成27年人財育成とメンタル対策が鍵となります。
定期ネット連載「活性力」

メディカルサポート

医療、介護施設における支援活動を行っております。
医療、介護施設業務は「人格行為」です。労働集約型産業の典型です。教育は絶対に必要と感じています。医療・介護の質は、人の質です。医療は人なり!!

http://www.inchounoshiki.net


http://mbp-tokyo.com/micc/

メンタルサポート

心問題は義務化されましたが、メンタル問題は人財教育として取り組む必要があります。ストレス対策は応急処置です。教育は基本的対策です。

メンタルサポートブログ、心ノートブログ、フェイスブックを参考にしてください。

セミナー・講演サポート

セミナー、講演のテーマは、「リーダーシップ・コーチング」から「家庭教育の再興」など、幅広く行っています。講演先も企業、病医院、看護学校、介護施設、保育園・・・など様々です。



 

挨拶・プロフィール

ミック研究所所長 佐藤茂則(ペンネーム:佐藤寛朗)

ミック研究所にようこそ。 ミック研究所は、「夢と心」をキーワードに、人と組織の「教育」を行っています。
厳しい時代にいきているからこそ「夢」を抱いて社会に貢献していきたいと考えています。 人の心は常に環境の変化に合わせながら、発展途上にあります。 その中核にある「心」をサポートしていきます。人の心が活性化するときは社会はイキイキ活動を展開していきます。一緒に人づくり、一緒に幸せ感じられる社会、企業、家庭づくりをしてみませんか。

 

 

人の心の在り方と社会環境は大きく関係しています。ミック研究所では、人的資源開発としての人財教育と心の健康問題に取り組んでいます。一人ひとりがより自分らしく生きることで自己実現と社会貢献できる職場風土開発をサポートしています。

Information

「ストレスチェック制度」が義務化されました。厚生労働省が推進する職場のメンタルヘルス対策の一環で、従業員数50人以上のすべての事業所に対して、労働者の心理的な負担の程度を把握するための、医師または保健師による検査(ストレスチェック)を義務づける制度が義務化する方向です。当研究所は早くからこの問題を取り上げています。あなたの会社のEAP支援します。ストレスチェックをきっかけに職場風土を変えましょう!!

2016度「カウンセラー養成講座」第14期が開講します。詳細はNPOメンタルサポートアカデミーの行事をご参照ください。

カウンセリングの考えと技術を日常の「対話」に活かすことをねらいとして「ダイアローグカウンセラー」の養成を行っています。

ミック研究所って何をやっているところですか、と聞かれることがあるのですが、企業や病医院、介護施設、自治体等の人財育成支援が中核事業です。毎月訪問しながら、育成計画に則って経常支援が基本スタイルです。人財育成は継続する経過の中で創られる「育成風土」によって人が育つからです。企業の最大資源は「人」です。どんな時代でも育成を怠らない企業が社会に必要とされる企業となれるのです。

人財育成には以下の3方向に求められます。@職務専門知識、A組織化能力、B人格的能力、この3能力によって企業は活性化していきます。また時代の影響もあり、人とモノ化した結果、メンタル問題が顕在化しています。攻めの人材育成と守り育成も大事だと言うことです。

 Eーラーニングを参考にしてください(左のコンテンツのメンタルヘルスによるマインドアップ講座です。


 

 

著書一覧

 

           

 

Facebookページはこちら>>

お問い合わせ


ページの1番上へ